もしかして?と思ったら

早めに相談する

自分がうつ病かもしれないと考えた場合、本やインターネットのサイトを見ることにより、簡単な診断を行うことができます。専門家に早めに相談し、治療を進めていくことが大切です。

詳細を読む

チェックシート

現在はストレス社会で、うつ病の危険は誰でもあります。自分に疑いがある場合、チェックシートを利用すると目安になります。疲れが溜まっているだけなのか、治療が必要な病気なのか知ることが可能です。

詳細を読む

時間によって変化

うつ病かもしれないと感じた場合、一日で気分の変動が激しいこともあります。精神科のクリニックをまわる際に、2つ以上回ってセカンドオピニオンを求める方法もあります。

詳細を読む

診察を受ける

うつ病の疑いがある場合、自分だけのチェックだけで決めるのではなく、専門家に相談を行うことが必要です。薬での治療で症状が劇的に変わる人もいます。早めの受診が大切です。

詳細を読む

マニュアル化

体がだるくて疲れが中々取れないとお悩みなら、もしかしたらうつ病の疑いがあります。一度こちらのうつ病チェックを行ってみましょう。

うつ病のチェックを簡単に行えるサイトであなたのうつ度を見てみませんか?参考になるのでおすすめですよ。

うつ病のチェックについて

うつ病の診断は原因が複雑で様々な背景があるため、その人の家族歴や成育歴からも探る必要があり、時間のかかるものでした。しかし現在では、DSM(精神疾患の診断・統計マニュアル)が米国精神医学会から出されており、非常にわかりやすくうつ病をチェックできるようになったため、広く用いられていて短時間で診断ができるようになりました。 まずここ最近、2週間の状態をチェックします。抑うつ気分や興味の喪失があるかどうか、です。ひとつでも当てはまれば、食欲・睡眠・活動量・疲労などをチェックしていきます。更にこれに当てはまった数によって、躁鬱病や小うつ病、気分変調症や短期反復うつ病の疑いがあるのか、それとも大うつ病なのかをチェックし診断していきます。

診断基準の広がり

米国精神医学会によるDSM(精神疾患の診断・統計マニュアル)が広く用いられ知られるようになり、診断が誰の目に見てもわかりやすく明らかになるようになりました。これにつれて、精神疾患についての知識を持った精神科医以外にも扱われるようになりました。 つまり、例えば精神疾患について深い知識を持たない内科医などでも、簡単にうつ病の診断が下せるようになったり、会社などの一般社会でもうつ病に当てはまると言われるケースが増えていくということです。 本来はうつ病では無い、一過性の気分の落ち込みでもうつ病と扱われる場合があります。もしも自分がDSMに当てはまると思われたり言われたりしても、セカンドオピニオンを求めるということが今後は必要になります。

心と体の不調を感じたら

うつ病は、生活の中の色々なことが原因で、不安や強い憂鬱感、気力や思考力の低下といった症状や、睡眠障害や倦怠感、耳鳴り、めまいといった体の不調を引き起こします。 近年はうつ病に関する知識が広まって、一般的な病気と言えるほどになってきました。誰もがかかる可能性のある病気なのです。 うつ病に関する書籍やインターネットのサイトなども、たくさんあります。 それらの書籍やインターネットでうつ病のセルフチェックをすることも出来ます。 特に、インターネットでは無料でセルフチェックを出来るサイトが数多くあり、無料で手軽にうつ病の可能性があるかどうかのチェックが出来るので便利です。 心と体に不調を感じたら、ぜひセルフチェックをしましょう。

セルフチェックが人気の理由

うつ病が発生する原因を、心の弱さや甘さだと捉える人もいます。 そのため誰かに相談することが出来ずに、うつ病を放置して悪化させてしまう場合があります。 そんな時セルフチェックが出来れば、自分がうつ病の可能性があるのかどうかが分かるし、それによって適切な治療を受けることが出来るのです。 また、自分では気づかないまま放置している人もいます。 「以前と様子が違う」と周囲の人が気づいても、いきなり病院を受診するように勧めるのは言いづらいものです。 何かの機会に書籍やインターネットを利用して、セルフチェックをしてもらえれば、うつ病の可能性があるのかどうかを調べることも出来るし、可能性があれば受診するよう勧めやすくなります。 このようなことから、セルフチェックをする人が増えているのです。

うつ病をチェックするための方法

今年も春がやってきたが、この季節は環境などの変化が多い時期である。環境に順応するためには多くの力(脳や身体)を使い、疲れきってしまう人もでてくる。つまり、うつ病になりやすい季節でもあるはずなのだ。このうつ病という病気は脳の働きが衰えたり、ストレスであったりと心身共に疲労している時にかかりやすい。しかしながら、自分の心身か疲れていると気づかない人も多く、知らず知らずのうちにかかってしまうこともある。そんな人のためにうつ病のチェックというものは大事なのである。さて、このうつ病のチェックについてであるが、軽いものあればインターネットで簡単にチェックできる。現在では様々なサイトで簡単な質問を通してうつ病チェックができることから誰にでも利用することができる。そのため、まず少しでも自分がうつ病かもしれないと感じたのであればネットでチェックしてみるのがよいだろう。一方で頭を抱えるほどの症状を感じた場合にはすぐに病院に行くことをおすすめする。病院に行けば、担当の先生が適切に診断してくれるためによいアドバイスや処方が得られるだろう。

現代病の一種と言っても過言ではないうつ病のチェックをしてみませんか?知らず知らずに発症していることもよくありますよ。

精神的なストレス

うつ病の原因は主にストレスです。インターネットを利用して、簡単にチェックを行うことが可能です。チェックの内容に一喜一憂するのではなく、自分の症状を見て専門家に治療が必要か相談することが大切です。

詳細を読む